仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ 仮福真琴 精神科の参考書籍

ホーム > リンクや参考

精神科の参考書籍

精神科関連の有益な書籍を紹介します。

お勧めの本

「誤診だらけの精神医療―なぜ、精神障害は治らないのか」(河出書房新社:西城有朋)
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
「精神科医はいらない」(角川書店:下田治美)
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
「普通に生きられない人たち」(河出書房新社:磯部潮)
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
「怖くて飲めない!薬を売るために病気はつくられる」(ヴィレッジブックス:モイニハン,レイ)
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
「危ない精神分析」マインドハッカーたちの詐術(亜紀書房:矢幡洋)
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
「心療内科」(KIBA BOOKS:志茂田景樹)
小説ですが、現代の心療内科を風刺的に表現しています。著者自身が、思春期・青年期を仮面鬱病と戦い一時人格障害と診断されたこともあったそうです。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E&btn :yakugai_ :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.