仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ仮福真琴の高額療養費のこと

ホーム > 精神福祉や情報 > 高額療養費

病気などで病院に長期入院したり治療が長引くと、医療費が高額となりまが、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される高額療養費制度があります。当然、精神病でも適用されます。

自己負担限度額

健康保険に入っている場合、1ヶ月の自己負担限度額は以下の通りです。自己負担限度額を超えた金額が払い戻されます。ただし、差額ベッド部分や入院時食事療養費等の健康保険対象外の費用は支給対象にはなりません。
殆どの方は、72,300円が自己負担限度額になると思います。

  1. 生活保護の被保険者や市町村民税非課税世帯  ……35,400円
  2. 標準報酬月額が56万円以上  ……139,800円+(医療費-466,000円)×1%
  3. 上記に該当しない  …… 72,300円+(医療費-241,000円)×1%

70歳以上の高齢受給者の場合は、上記と自己負担限度額が異なります。

多数該当世帯の負担軽減

高額医療費に該当が12か月間に4か月以上の場合、自己負担限度額は4回目より次のようになります。殆どの人は、40,200円を超えた治療費が戻ってきます。

  1. 生活保護の被保険者や市町村民税非課税世帯  ……24,600円
  2. 標準報酬月額が56万円以上  ……77,700円
  3. 上記に該当しない  …… 40,200円

世帯合算

同じ世帯で、同じ月の自己負担額が21,000円以上の人が2人以上いる場合は、自己負担限度額はそれぞれの医療費を合わせて計算できます。

問合せ先、手続き等

問合せ先

住所地の市区町村役場です。

申請手続き

私の住んでいる市では、自己負担限度額を超えると、市役所から自動的に申請書類が送付されてきました。但し、自己申請しないと申請書類がもらえない市区町村もあるようですので、問い合わせしたほうが良いと思います。

関連ページ

もっと詳しく知りたい方は、次をご覧下さい。

Amazon.co.jpアソシエイト:福祉

売れている順 新刊順

:492134 :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.