仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ多いな~、精神科医の犯罪・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 多いな~、精神科医の犯罪・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。


多いな~、精神科医の犯罪・・・2008年01月11日15:01 (mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

■殺人未遂容疑で精神科医を逮捕…交際女性の首絞める(読売新聞 - 01月11日 14:04)

精神科医や精神医療施設が絡む犯罪は、他科に比べて際立って多いです。以下はほんの一例…。

■中間保養院(医療法人・福岡) ・平成13年8月29日、福岡社会保険事務局は診療報酬を不正受給したとして同法人の保険医療機関取り消しを発表した。9月に実施される。同事務局によると、同院は1997年10月から2001年5月にかけ、入院患者に対して看護要員や医師が不足しているにもかかわらず、勤務していない看護婦を水増しするなどして通常の診療報酬や入院基本料を請求。又、ベッド数を入院患者が大幅に上回った時にも減額せずに請求し、約1,400万円を不正受給したという。同事務局によると返還金は4億2,500万円に上る。

■箕面ヶ丘病院(大阪府) ・平成14年2月1日、同府などに虚偽の報告を続け、不正に診療報酬を請求したとして、大阪社会保険事務局は保険医療機関の指定と西川院長の保険医登録を取り消した。府も同日、指定医療機関を取り消した。不正受給額は少なくとも約1億円以上に上るとみられ、額を確定した上で返還請求する。

■県立富養園(宮崎県新富町) ・平成15年5月16日、1980年から2001年11月まで、入院患者を対象とする作業療法の診療報酬を不正請求した疑いのある事が分かった。

■医療法人古賀第一病院(福岡県) ・平成17年7月27日、厚生労働省は医道審議会医道分科会の答申を受け、詐欺罪で有罪判決を受けた木村修治医師に対し、業務停止4年の行政処分を下した。木村医師が院長を務めた古賀第一病院は、医師の水増しなどで約10億円の不正受給をしていた。

■医療法人渓明会支笏湖病院(北海道) ・平成17年12月22日、厚生労働省は平成16年度の保険医療機関の指導・監査の実施状況のまとめを公表した。保険医療機関等から返還を求めた額は、合計65億4,000万円で、最高額は、北海道の精神科病院、医療法人渓明会支笏湖病院(2004年11月1日指定取り消し)の8億4,033万円だった。同病院は、医師の水増しなどによる不正請求を行っていた。

■本舘病院(岩手県花巻市) ・平成18年9月14日、精神科の入院患者の預金口座から現金を引き出し,着服したとして業務上横領罪に問われた元病院事務職員で無職和田忠志被告(48)の判決公判が盛岡地裁で開かれ、懲役3年、執行猶予5年が言い渡された。判決によると、同被告は01年4月から04年12月まで11回にわたり、入院患者から預かっていた預金通帳から無断で計890万円を引き出し、遊興費や飲食代にあてた。

■国立精神・神経センター武蔵野病院(東京都) ・平成18年9月17日、入院患者のキャッシュカードを盗み、現金316万円を引き出したとして、警視庁小平署は国立精神・神経センター武蔵野病院の准看護師、神原栄子容疑者(53)を窃盗の疑いで逮捕した。

■国立精神・神経センター国府台病院(千葉県市川市) ・平成18年10月31日、患者の入院費などを着服したとして、同センターは運営局会計二課の歳入係長の男性(31)を同日付で懲戒免職処分にした。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.