仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神科医は治せない「ノイローゼ・・・」

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神科医は治せない「ノイローゼ・・・」

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神科医は治せない「ノイローゼ・・・」 2008年02月26日10:14
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

飯島愛さんピロリ菌で軽いノイローゼに(日刊スポーツ - 02月26日 06:44)

ノイローゼ・・・に限らず、様々な精神障害の解決策として「精神科医」や「心療内科」に行くことが「世間の合意」となっているようですが、これらの医師が精神障害を治癒できる率というのは、信じられないほど低いのです。通うことで更に悪化する人も少なくありません。

【 ※ 入院患者32万人のうち退院できる人は1ヶ月間で200名ほどしかいません。逆に死亡して退院する人は1200名を上回ります。 率に直すと0.06%ほどの人しか退院することができない・・・ということです。】

飯島 愛さんもこんな事実を知らずに「精神科」みたいなところへ行っちゃったんでしょうね。
先日、大場久美子さんも精神障害で「薬の副作用」に悩まされた・・・なんてコメントしていましたが、ありゃ、副作用ではなくあの物質の主作用といえるんじゃないかと思いますよ。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.