仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ是非、手にしてみてください。

ホーム > 精神医療の問題点 > 是非、手にしてみてください。

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

是非、手にしてみてください。 2008年02月28日 14:50
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

是非、手にしてみてください。この本を読むと、精神科医が心の病を治す手段を手にしていない・・・ということが、よ~く分かると思います。

医者が心の病に無力なワケ―ビョーキを治す方法、教えます

という本が発売されています。
帯には「4人の専門家が断言『心の病は食事で治る』」と・・・書いてあります。

更に、“心のお医者さん”はクスリがお好き” 【警告! その治療間違っています】

だから精神科に行ってはいけない!
そこで待つのは恐ろしいクスリ漬け地獄だ。
病院に行く前に、食事を自然食にしなさい。
住まいの科学建材をチェックしなさい。
高圧線などの電磁波を避けなさい。
コンクリート建築の“冷え”もストレスの原因です。
これらを改めれば、心はふたたび安らぎを取り戻します。

精神医療が「エセ科学」であり「人を死に導く実践」であり、精神医学の中には「人を治癒できる技術」が存在しないということが分かると思います。食事は重要です。重要なことが分かっていても多くの人々がこれを是正しようとはしていないのが残念です。

さあ、クスリに頼らなくとも明るい未来は築けます。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.