仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ悲劇をもたらす精神医療・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 悲劇をもたらす精神医療・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

悲劇をもたらす精神医療・・・2008年03月03日08:48
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神医療・・・、これ以上の悲劇はありません。

世界のあっちこっちで戦争が起きていますが、戦死した兵士の数よりも精神医療によって亡くなる人の数の方がはるかに多い・・・。

1965年~2005年の間に、アメリカの精神医療施設内で死亡したアメリカ人の数は、なんと110万人にも及びます。 110万人が精神医療施設で亡くなっているのです。 精神病は死に至る病ですか? いいえ、違います。 では死をもたらしたのはなんでしょう・・・。【ちなみに、1776年(アメリカ独立の年)~2005年まで戦死した米兵の数は74万500人です。これらの戦争の中にはイラク戦争、湾岸戦争、ベトナム戦争、朝鮮戦争、第二次・第一次世界大戦、南北戦争が含まれます。】

1950年から1963年まで、ワシントンDCのセント・エリザベス州立精神病院では毎年1600人もの患者が死亡しており、多くの遺体が墓碑銘のない墓に埋葬されていただけでなく、記録されていない死亡者が何千人もおり、その遺体はナント実験のために保管されていました。完全な状態で保存されていた1400体を含む一万五千体もの脳の標本が連邦政府の保管所に貯蔵されていました。この脳のコレクションに関する事歴の中に隠されていたのは、ロボトミーが施された8歳の少年の記録でした。

精神医療が異常なまでに脳に「執着」する理由は分かりません。彼らの実践・理論・意図は決して「良好な結果」を生み出すことはないと、彼ら自身も自認しているにも関わらず、同じようなことをひたすら、ひたすら続けるのです。

こういった害をもたらす存在が世にはびこるためには、「虚偽」「捏造」「隠蔽」がなくてはなりません。徹底的に事実をつきつけましょう。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.