仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神医学「死を生み出す産業」展示会を終えて・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神医学「死を生み出す産業」展示会を終えて・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神医学「死を生み出す産業」展示会を終えて・・・2008年03月12日23:20
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

この展示会をはじめてもう4年になります。

最初の頃は、「精神医学? 別にいいんじゃな~い」とか、「精神医学は必要だ!」といきまく方々が多くなかなか苦労した覚えがあります。

しかし、最近は状況が確実に違っています。
「あ、リタリン? あれ危険なんだよね!」
「精神医学って、効果がないんですよね!」
「精神科医自体がヤバイ人多いですよね!」
「電気ショックやロボトミーなんてやってどうするの!」
「精神科医に通って、余計に悪くなった人知ってますよ!」
「活動かんばってください!」

などのお言葉を頂戴することが多くなり、やっていてホッとすることもしばしばとなりました。

継続は力なりと言いますが、本当にその通りです。そして、真実を伝えることがいかに自分自身の精神的安定を得ることが出来るか・・・ということも実感しています。
真実と共にいられることというのは本当に心の安定を得られるものです。それについて疑う必要さえないのです。

さて、これからもガンバロー!

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.