仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ虐待を受けた人が・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 虐待を受けた人が・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

虐待を受けた人が・・・2008年03月21日21:02
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

入所者の胃に手袋 故意性なし (時事通信社 - 03月21日 18:01)

この瀬戸療護園では今回の事件だけではなく、以前にも入所者に対する人権侵害行為があった。

この施設の協力医療機関として「精神科」が存在しています。

精神科が関与するところでは、患者(入所者)に対する人権侵害行為が非常に多く発生しています。

そもそも精神医療施設というところは、他の施設と比べて非常に閉鎖性が高く、内部で行われていることが明るみに出にくい領域です。このようなところで、身体拘束(拘束服の着用や、ベッド・車椅子への縛りつけ)、監禁、クスリ漬け、など治療と偽り様々な非人道的措置がとられています。

現在、32万人の人々が精神医療施設に入院していますが、その3割以上の人々が10年以上の入院を強いられています。入院当初はそれほど尾m区なかった人々がどんどん悪化しているなんていう事例も多々存在します。

こういった協力医療機関と提携している施設の中で今回のような事例が起きることは全く不思議なことではありません。

なんとかしなくてはいけません。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.