仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ子供の双極性障害

ホーム > 精神医療の問題点 > 子供の双極性障害

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

子供の双極性障害 2008年03月24日18:23
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)


ADHD、うつ病などに対する風当たりが強くなる中、現在アメリカでは子供に対して「双極性障害」という病名を100万人以上の子供にレッテル貼りをしています。

これにより、早期にクスリ漬けにされる子供が急激に増え、4歳の子供が死亡した…という事件に発展しています。

この事件では、医師の処方以上に向精神薬を子供に与え死に至らしめたとして、両親が第1級殺人として訴追されています。
しかし、処方した医師のカルテが入手されると、一日10錠以上の向精神薬が処方されていたことが判明!!!

なんと処方していた医師は、日本人の女医でした。
(この医師は既に業務停止の処分を受けています)

この事件に関しては下記URLでご覧いただくことが可能です。
かなり衝撃的です。

双極性障害の治療薬で4歳児が死亡 その1
双極性障害の治療薬で4歳児が死亡 その2(続き)


他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.