仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神科廃止して内科・小児科・産科を増やそう!

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神科廃止して内科・小児科・産科を増やそう!

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神科廃止して内科・小児科・産科を増やそう! 2008年03月25日21:24
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

内科・小児科・産科の医師不足は深刻なものがあります。

大病院に勤務するこれらの医師は、朝7:30頃には出勤し、朝の回診をし、午前中に外来をこなし、午後は検査やオペ、そして更に夕方び回診をし、引継ぎをして帰宅…、夜間に不測の事態で呼び出しもしばしばとか…。

それに比べて、精神科の医師は9:00~17:00 午後は囲碁将棋をする時間さえあるとか…。しかも、夜間出動はなし。で、給料は同じときています。

で、その楽な精神科は人を治せているのか…と言えば「さにあらず」です。

仕事はしない、仕事の結果に責任は持たない・・・まあ、この程度の仕事を選択しようという人間が高邁な職業ややりがいを求めること自体ないでしょうが、それにしても「精神科志望」が増えてばかりで他科に及ぼす影響は甚大です。

精神科を廃止して内科・小児科・産科を充実させましょう。
その方が間違いなく人々の健康に寄与します。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.