仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神医学にはない「倫理」

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神医学にはない「倫理」

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神医学にはない「倫理」 2008年04月11日21:10
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

世界精神医学会(WPA)「ハワイ宣言」

上記URLは精神医学会の倫理規定を定めたものです。
ハワイ宣言と言いますが、この内容は非常に評価できます。

しかし、これを忠実に遂行している精神科医はどれほどいるのでしょうか?

薬物の投与自体危険であるにも関わらず、多剤・長期間・増量などが当然の如く行われています。
薬物療法に対して結果が出ない場合、電気痙攣療法などが施されます。
閉鎖病棟で起きている夥しい数の「身体拘束」、「治療を騙った暴行や性的暴力…」

これが、倫理に該当するというのなら、何が正義なのでしょう。何が理性なのでしょう。

狂っています。。。

精神的なダメージを負っている人に必要なのは、静かで刺激の少ない環境で、穏やかに、十分な休息と栄養を与えることから始めなくてはならないのに・・・。

いきなり薬ですか?

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.