仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへうつ病って・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > うつ病って・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

うつ病って・・・ 2008年04月23日09:11
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

激務でうつ病 東芝に賠償命令 (時事通信社 - 04月22日 19:01)

精神科医が「うつ病」を診断する方法知ってますか?
5分くらい話しを聞いて、それでおしまい。「はい、あなたうつ病です」です。

「うつ病」の定義と診断基準を明確に、誰にでも理解でき適用できるように統一的な説明ができる「専門家」が存在するのでしょうか?

セロトニンの分泌異常がうつ病の原因とされていますが、セロトニンの分泌状況を検査する医師はいるのですか? そういう検査がそもそも存在するのですか?

そういうことが行われていないにも関わらず、精神科医は人に「うつ病」のレッテルを貼ります。

そして、患者さんはお決まりの「クスリ漬け」です。

そしてその薬には「自殺企図」「暴力念慮」などのトンでもない副作用があるのです。自殺企図の副作用…? こんなの「うつ状態」の人に飲ませたら却って危ないじゃないの!

精神科医のいい加減な診断で却って命を奪われたり、短くさせられたり…という方が問題です。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.