仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへリスクとベネフィット・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > リスクとベネフィット・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

リスクとベネフィット・・・  2008年05月12日21:54
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

リスクとベネフィット…医師(特に精神科医)はよくこの言葉を用います。どういうときに用いるか…と言えば、投薬の際にです。

投薬にはリスクは付き物…というのはどうやら合意のようです。では、どの程度のリスクまでが是認されるのでしょう。

例えば、副作用発現率…という数字があります。

・キャベジン  0.40%
・ガスターD錠 1.8%
・ロキソニン  3.03% (消炎症剤)

まあ、この程度の数字は許容範囲かもしれません。

しかし、こうなるとどうでしょう・・・
・パキシル  59.6%
・ジプレキサ  65.0%
・コンサータ  80.2%

これはもはやベネフィットを考慮できるような数字ではありません。
「毒」です。

上記3つの薬剤は「向精神薬」ですが、この3つに限らず向精神薬に入る薬剤は総じてこの数値が高いのが特徴です。

しかも多くの場合、これらのリスクが隠蔽された上で処方がなされています。こういう薬を飲みたいと思いますでしょうか?
私は絶対にNoです。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.