仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ典型的な精神医療の宣伝

ホーム > 精神医療の問題点 > 典型的な精神医療の宣伝

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

典型的な精神医療の宣伝 2008年05月16日22:28
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

うつ病・うつ状態の可能性があるのは、約8人に1人 (Business Media 誠 - 05月16日 18:21)

これは精神医療が行う典型的な「宣伝(プロパガンダ)」です。

こうして「受診」した人々の多くが、クスリ漬けにされ、そのクスリの副作用で最悪の場合「死」に至っているのです。

精神科医は心の専門家であるなんていうのは、完全に我々が抱いている幻想に過ぎません。

事実、2001年頃から「ウツは心の風邪、早期発見早期治療で簡単に良くなります。今では良いお薬が出ています」というような宣伝が盛んにされています。

しかし、実際はどうでしょう。。。

「良いお薬」といわれたジェイゾロフトやパキシルの正体は、自殺促進剤でした。これらのクスリの医薬品添付文書にははっきりと下記の通り書かれています。

【抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること。】

ジェイゾロフトの医薬品添付文書 (ファイザー)

パキシルの医薬品添付文書(グラクソ・スミスクライン)


この宣伝もそのような「受診促進キャンペーン」の一環に過ぎません。こんな宣伝の口車に乗って、精神科の敷居をまたいだら、その後に待っていることは、59.4%の確率で発生する副作用に悩む人生です。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.