仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ拷問と恐怖

ホーム > 精神医療の問題点 > 拷問と恐怖

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

拷問と恐怖 2008年05月20日00:48
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

『精神医学の歴史の中に、治療の手法というものは存在しません。そこにあるのは、自尊心のある医療従事者であれば誰も治療とは呼ばないような残忍な実践です』
 作家・エドワード・ショーター 『精神医学の歴史』より

『恐怖は、心という媒体を通して、身体に強力に作用する。そして、それは狂気の治療に使用されるべきである』
 アメリカ精神医学会の父 ベンジャミン=ラッシュ


…このような言葉で語られる、精神医学が実践してきた治療方法を列挙してみたいと思います。


アヘンの使用

鞭打ち

殴打

売春婦の斡旋

背骨や性器の焼灼

陰部のギプス固定

精神安定椅子

回転椅子

冷水浴びせ

卵巣圧縮機

拘束服

電撃

血抜き(15分の4)

マラリア原虫の注入

動物の生殖器や性腺エキス(羊の甲状腺エキスが一般的)の注射


こんなことが「治療」と称して堂々と行われていたのです。

狂気は患者ではなく、精神科医であることが分かると思います。

今でも「基本姿勢」は同じです。

もし、厚労省が「冷水療法」に保険点数をつけたら、間違いなく彼らは実践するでしょう。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.