仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ注意ミスでさえ・・・なのに

ホーム > 精神医療の問題点 > 注意ミスでさえ・・・なのに

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

注意ミスでさえ・・・なのに  2008年05月21日14:16
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

■重度まひ「分娩の注意怠る」、福島県立医大に7300万賠償命令
(読売新聞 - 05月20日 23:35)

注意を怠ったことで7300万円か~。

良くないこと(治癒に寄与しない、悪化さえする)と知っていて、向精神薬の投与や電気ショック、精神外科手術、身体拘束、監禁などをやっている精神科医は100億円くらいの賠償ではすまないでしょうね。民事だけでなく“未必の故意”ですから傷害・殺人等で刑事罰が課せられても当然です。

来る日も来る日も何十・何百の人に対して非人道・人権蹂躙が絶え間なく繰り返されているのですから…。

精神医療が行っていることは、注意義務違反などという生易しいものではありません。彼らはあえてやっているのです。自分のビジネスの拡張だけを考えて…。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.