仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神科医にかかるから自殺する

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神科医にかかるから自殺する

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神科医にかかるから自殺する 2008年05月24日00:21
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)



過労自殺、労働時間短くても

大企業を中心に「過労・自殺防止対策」と称して、産業医や産業カウンセラーが窓口となって、精神科医に人々を送るルートが構築されている。

多くの場合、「うつ病」「ストレス障害」などと診断され、向精神薬が処方される。 この向精神薬こそ人を「自殺」への導火線の役割を果たすのです。

とんでもない薬が十分な説明もなく処方されているのです。

抗うつ剤のトップシェアを誇る「パキシル(年間売り上げ510億円)」を例に挙げるなら、下記のようなインフォームドコンセントを必要とするでしょう。

例: 「今、あなたに処方しようとしている薬は、小麦粉を練ったものと効果においては変わりはありません。そして約6割の確率で副作用が起きることがあります。そしてその副作用には自殺企図・暴力・幻覚・幻聴・妄想・激越・振るえ・アカシジア・肝臓障害など生命の危機を招く場合もあります。この薬を飲むか飲まないかの選択はあなた自身の決断次第でもあります…。」

特に「自殺」を誘発することに関しては、「警告文書」が明記されています。

うつ病だから自殺をするのではなく、うつ病治療に使われる薬によって自殺が促進されるのです。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.