仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへご用心! 人を凹ませる人・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > ご用心! 人を凹ませる人・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

ご用心! 人を凹ませる人・・・ 2008年06月09日23:59
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

職場では「うつ病」が増えているようです…。

実際のことろ「うつ病」がなんであり、なにが原因かであるか精神科医も知りません。そしてその治療方法として様々な薬物を処方するのですが、根本的な治療に結びつくことがありません。

私は医師ではありませんが、精神医療の調査を続けていると「これがうつ(敢えてうつ病とはいいません)やその他の精神病の原因だ…」と分かることがいくつかあります。

何故かと言うと、これを解決すると状態が改善するからです。

その中でももっとも多いのが、「他人を凹ませる人」と関係を持っているということです。

「他人を凹ませる人」のことを反社会的性格者と位置づけることが出来るでしょうし、実のところ、この性格者こそ「真の精神病者」であるともいえます。観察をすると分かるのですが、「他人を凹ませる人」は本当に専ら「他人を凹ませる」ことのみに従事しています。

困ったことに、この性格者はなかなか正体を見せません。いつも狡猾に隠れ、人の後ろで「それ! やれ!」と皮肉な笑みを浮かべながらけしかけます。しかし目は決して笑っておらず憎悪に満ちています。

彼らが本当に安心するのは、「他人が凹んだとき」だけです。凹んだ人間を見るとそれはそれは、安心するのです。そして、その安心を得ようと、絶えずその状態に押し込め続けるのです。

さて、このような人物が近くにいれば、どのようなことになるかは想像に難くないとおもいます。あらゆる精神障害がここに共通項を持っており、この「他人を凹ませる人」を発見し、関係を処理するだけで、かなり高い確率で状況を好転させること(回復)が可能なのです。

こんなに単純なことが「精神科医」にとっては許せないことなのです。科学とは「深遠」であり「複雑」であり「困難な道筋の果てに真理を得られないもの」でなくてはいけないようです。

薬を飲んで治らないのも当然です。

だって、もとは「脳」の病気ではなく、人間関係なのですから…。


追記: 人間関係を素因とする精神的ダメージを受けた人々が、一定期間(人によって期間は異なりますが…)その状態にあると、食べ物をしっかり摂らなくなったり、睡眠不足になったりする傾向があります。その意味で、まず「栄養状態」を改善する方法をとるというのは、非常に理に適ったことであり、「他人を凹ませる人」を見極める知覚能力の向上とそれに対する直面能力が向上し、「他人を凹ませる人」との関係処理が早く済むことに寄与します。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.