仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神病院で死ぬ。そのワケ

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神病院で死ぬ。そのワケ

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神病院で死ぬ。そのワケ 2008年06月10日22:28
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

そもそも、どうして「精神」の病で精神科にかかった人が、肉体的に傷つけられて死亡していくのでしょうか。入院前には身体は何ともなかった患者が、心不全や多臓器不全などと言われて亡くなるのでしょうか。これは、精神病院で患者が死亡するのがあまりにも当たり前になっているので、つい見過ごされてしまっています。

例えば、精神病院で食べ物を喉に詰まらせて患者が亡くなることは本当によくあることです。事故として扱われますが、これは薬剤によって嚥下障害を起こしているのです。精神科では、薬物によって健康な身体の機能が徹底的に破壊されているのです。この事実を、患者自身が、家族が、看護師が、ソーシャルワーカーが、医師が、警察が、司法が、そして一般市民が知る必要があります。

厚生労働省の患者調査によると、精神病床に入院している患者の退院状況を調べた調査では、完治して退院した患者は約200人(一ヶ月間で)、それに対して死亡して退院した患者は約1400人です。一年に換算すると約16800人が死亡退院していることになります。しかし、この数字にもトリックがあります。今回のケースのように、悪化してどうしようもなく他科に転院し、そこで死亡した場合にはカウントされていないのです。要するに、誰も実態は知らないのです。

精神科の治療は本当に人をよくするものなのでしょうか。病院や医師によっては、患者の人間性を取り戻すことよりも、何もできないような無気力の状態や、人のいうことを良く聞くロボット状態にすることが治療の目的になっているようです。ナチスドイツでホロコーストや安楽死計画の中心となっていた精神科医たちは、患者を抹殺することこそが慈悲深い治療であるとしていました。ナチスの精神科医の影響を強く受け継ぐ日本の精神医療も、その悪しき風習が根強く残っているようです。

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.