仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ心の専門家が自分に起きたこと・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 心の専門家が自分に起きたこと・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

心の専門家が自分に起きたこと・・・ 2008年06月12日08:16
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

「精神科医はなぜ心を病むのか」西城有朋著 《精神科医》  PHP研究所
という本を読みました。


色々と興味深い情報がありましたが、特にこのプロローグに書かれていたエピソードが面白いです。いかに「心の専門家」がいい加減であるか…、分かることでしょう。


プロローグ
『精神科医は一般人の五倍自殺する!?』

 「このあいだA大学医学部のB教授が亡くなつたでしょ。じつは自殺なんだって」
 ある学会で知人の精神科医からそう聞いたとき、私は一瞬耳を疑った。
 B教授といえば、研究実績が豊富で、私も尊敬する研究者の一人だった。ただ、学会で「そんな処方薬は保険適用からはずすべきだ」などと強気な発言をする一方、抗うつ薬などの薬の効果をさかんに宣伝するなど製薬会社の広告塔のよう役割も果たしていて、いい意味でも悪い意味でも、わが国の精神医学の臨床薬理学に強い影響力をもつ"大物"だった。
 そんな人物が、自ら命を絶った。
 しかも、B教授は躁うつ病に代表されるような気分障害を患っていたというから、薬を飲んでいたことは間違いないだろう。それには、自分が宣伝していた薬も含まれていたに違いない。つまり、薬では自殺を防ぎきれなかったということになる。
 B教授が亡くなったことは精神科医のあいだでは周知の事実だが、その死因が自殺であることは、ごく一部の人間だけしか知らない秘密になっている。その理由は、一つには遺族感情への配慮が考えられる。だが、B教授に薬が効かなかったとは知られたくない製薬会社や利害関係者が、自分たちに都合の悪い情報を必死になって抑えたのではないか、という穿った見方が存在するのも事実である。
 しかも、B教授は一般人ではなく、精神科医として患者の自殺を防ぐべき職にあり、かつリーダー的存在だった。彼の影響を受けた多くの精神科医が、まさにいま日本中で精神障害の患者の治療に当たっている・・・

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.