仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神科医の皆さん、自分の仕事に満足していますか?

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神科医の皆さん、自分の仕事に満足していますか?

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神科医の皆さん、自分の仕事に満足していますか? 2008年06月30日 14:40
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神科医(全てとは言いませんが…)は、自分の仕事に満足をしているのでしょうか?

0.06%の治癒率に満足しているとするなら、余程邪悪な人間であるか、あるいは相当鈍感であると言えるでしょう。

で、当然彼らが言ってくることは「満足はしていませんよ。でも、精神医学は常に発展途上なんです…」なのです。

いい加減にしなさい。

毎年何兆円もの資金を費やし、1世紀以上の時間を費やした結果が0.06%なのです。

自分たちが目にしている光景がどんなに酷いものであっても、決して彼らは今のやり方を変えようとはしません。投薬・投薬・投薬・投薬…そして電気ショックにロボトミーです。

こんなことをいつまでも繰り返すことが発展途上というなら、それはまるっきり「茶番劇」をやっているのとしか言えません。

本当にこの領域で起きていることを見てみれば分かるとおり、本当に酷い悲劇が日々繰り返されています。

このような活動をのさばらせておく理由など微塵もありません。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.