仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ薬物の本質

ホーム > 精神医療の問題点 > 薬物の本質

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

薬物の本質 2008年07月02日08:45
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

薬物は基本的に毒です。

少しの量を摂ると、元気に感じたり目が覚めたり感じます。

同じ薬物でもより多くの量を摂ると、動きが鈍くなって、眠くなります。

もっと摂ると、死んでしまいます。


1回あたりの量が少なくても、それが積み重なっていくと、元気に感じたり、目が覚めた感じはしなくなります。

患者さんはこの状態を、「元に戻ってしまった」「薬が効かなくなった」と感じるのです。 それはそう感じているだけのことで、薬が効かなくなってしまったわけではありません。

【これが、薬本来の作用なのです】
SSRIなど向精神薬を服用している人には顕著にこれが起きます。


さて、薬とはどれほど危険なのでしょう。
1回あたりの致死量は薬によって違いますが、こういう作用が弱いとされている「アスピリン」でさえ体重70Kgの人であれば18~19錠程度を一気飲みすれば1時間以内に死に至ることでしょう。
本当に死に至ります。

人は何故このような危険なものを飲み続けるのでしょう。

一つの理由として、事実を知らない…ということ。 もう一つの理由として、病気は薬が治す…ということに強く合意していることです。

正しい事実(人を生存に導く事実)を知らない人ほど、正しい事実を欲します。そこに大量の宣伝で刷り込まれれば、それはその人にとって合意された事実となります。しかし、それは真実ではありません。何故なら、そのような彼が治癒に向かわないのです。しかし、強く合意された事実を手放すことは容易ではありません。

薬によって正常な感覚を奪われれば尚更です。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.