仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへうつ病を捏造する精神医療

ホーム > 精神医療の問題点 > うつ病を捏造する精神医療

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

うつ病を捏造する精神医療 2008年07月04日09:28
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

自殺 自治体別で初の全国集計 (毎日新聞 - 07月04日 02:41)

精神医学は「自殺対策」と称して盛んに精神科への受診を勧める宣伝をしています。しかし、これは明らかに逆効果を生んでいます。

「うつ病」の治療のために、精神科医に行くと却って悪化するという事実がたくさんあります。

今「うつ病」が蔓延しているとさかんに宣伝されています。
「うつ病」は誰でもなり得る心の風邪…恥ずかしがらないで精神科医に受診しましょう…という言葉に乗せられて、今や全国で300万人の人々が精神科医に入通院をしています。

ところが、心の専門家であるはずの精神科医が「うつ病」の原因・診断方法・治療方法・治癒基準などを全く持っていないのです。

このようなところに職場でのうつ病診断により、精神科送りされるルートが構築されています。
参考記述
精神科への道・・・
典型的な精神医療の宣伝
心の病に精神科医は不要
うつ病を捏造する精神医療


さて、この治療により何が起きているんのでしょう?

一言で言ってしまえば、「クスリ漬け」そして「更なる悪化」です。
精神科医による診断こそ、クスリ漬けへの第一歩なのです。

麻薬同然のクスリが十分な説明も無く処方されています。
抗うつ剤のトップセラー「パキシル」は510億円(2006年)もの売上げをたたき出しています。しかし、その一方で、その治癒率は惨憺たるモノであり、かつ副作用の発現率は59.4%にも上るほど酷いものです。

もちろんパキシルだけではありません。その他のクスリも似たり寄ったりです。
服用している方でさえ目にすることが無いと思いますが、パキシルの医薬品添付文書にはそれはそれは驚くような副作用が羅列されています。
<パキシルの医薬品添付文書>
パキシル

<関連記述>
そもそも、効果なんてない

診断基準に科学的根拠さえなく、医師の主観一つで病名が決められ、とんでもないクスリがバンバン投与され、金を搾り取られ、最期は命さえも奪い取られる…。

こんなの「医療」でもなければ「心の専門家」でもなんでもありません。
このような「専門家」に自殺対策を委ねるなど、とんでもない話です。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.