仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへご用心! 新種のうつ病

ホーム > 精神医療の問題点 > ご用心! 新種のうつ病

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

ご用心! 新種のうつ病 2008年07月09日00:52
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神科医たちは“新種のうつ病”を作り出そうと必死になっています。

今まで“効果がある”としてきたSSRI(抗うつ薬)に効果が認められないため、抗うつ薬が効かないのは、既存のうつ病とは違う新たなうつ病が発生しているから… というのです。

本当にいつまでこんなウソをでっち上げるつもりなんでしょう。

新たなウィルスが発見されたならともかく、新種のうつ病とは恐れ入りました。

そもそも、うつ病には診断基準もなければ、検査方法もありません。もちろん治療方法もなければ治癒基準もありません。 実際のところ「うつ病」という言葉さえ彼らが作り出したものです。
うつ状態というのはあります。しかし、それは栄養失調によるものなのかもしれません。他人から受けた中傷によるものなのかもしれません。自責の念や後悔によるものなのかもしれません。単なるサボリなのかもしれません。
こうした素因が全く違うものであっても、ある状態を指して「病気」としてしまうのは、精神医学独特の手法なのです。そこにきて「新種のうつ病」とは…。 あきれるばかりです。

昨日夕方5時から「薬の効かないうつ病」についてNHKでやっていましたが、コメントした精神科医は栄養不足(失調)を指摘しながらも、新薬の開発が待たれる…という旨のことを言っていました。

結局、彼らは薬を売りたいのです。そしてその新薬も決して治療に貢献することはありません。だって、栄養失調に必要なのは、栄養なのです。薬ではありません。

新種の病気、亜種の病気をどんどん作ることによって、ビジネスを拡大させようとする精神医療・・・。しかし、彼らの行う宣伝は非常に大量であり、必ず行政を巻き込んでやってきます。それに騙された多くの人々が本当に苦しんでいるのです。

今こそ、精神医学というエセ科学の真の姿を知るチャンスです。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.