仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ脳の研究・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 脳の研究・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

脳の研究・・・ 2008年07月14日09:24
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)


子の笑顔、母には麻薬と同じ?

麻薬…いったいなんなのでしょう。

麻薬と言われているものであったとしても、アッパー系、ダウン系、幻覚系などがあり、その作用は全く異なります。覚せい剤とヘロインでは全く逆の作用を起こします。LSDとコカインも全く違います。。。
にも関わらず、「麻薬」ということでひとくくりにして収めてしまう科学のレベルを疑います。

脳の研究はさかんに行われているようですが、どれをとっても真実とはだいぶ遠いところを弄繰り回しているようにしか見えません。

脳という神経の束に、異常なほどの期待を寄せているようですが、恐らく現在行われている研究が前提としている考え方では1000年経っても真実に近づくことは出来ないでしょう。

意識していることを意識しているのは脳ではない… ということを隠すのを止めてみれば分かると思うのですが…。

ね、精神科医さん、心理学者さん。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.