仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへTodlerちゃんを殺したのは・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > Todlerちゃんを殺したのは・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

Todlerちゃんを殺したのは・・・ 2008年07月17日09:11
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

Antipsychotic Drugs on Kids

上記の映像は、4歳児の死亡事故を扱っています。
4歳の子供の死因は「オーバードーズ」つまり薬物の過剰摂取です。

この4歳の子供は2歳の頃から薬物の摂取をしていたとのことです。
飲んでいた薬は、ぜんそく治療薬? 小児麻痺治療薬?  いえいえ…向精神薬です。

さて、彼女の両親はこの件で逮捕されました。
しかし、このニュースで扱っているのは、彼女を殺したのは両親? それとも精神科医? その両方? と問題を投げかけています。

両親は公判の中で、精神科医の処方に従って投薬を続けた…と証言しているそうです。これが真実かどうかは分からないにしても、これだけの量が処方されていたというのは事実です。

だいたい、2歳の子供の精神障害とはいったいなんなのでしょう?
2歳の子供の精神障害をどのように判定するのでしょう?

明らかに精神科医の過失が問われるべきでしょう。

日本でもこのようなことは日常的に起きていることでもあります。
「都立梅が丘病院」などはその先駆的役割を果たしています。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.