仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ金だけが目当ての精神科医たちに・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 金だけが目当ての精神科医たちに・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

金だけが目当ての精神科医たちに・・・ 2008年07月20日20:30
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神医療の世界は今年度から大きく変わりつつあります。というより変わらざるを得ない状況にまで自分達で墓穴をほりました。
無法地帯と化して乱脈医療が横行していたこの領域に、ようやく(不十分ではありますが)規制が入ることになったからです。

具体的にどのように変わるのでしょうか?まずはこれをご覧下さい。
診療報酬の算定方法の制定等に伴う実施上の留意事項について
膨大なページの資料なのでご注意下さい。精神科専門療法の項目は209ページからになります。

今まで精神科の開業医にとって主な収入源になっているのは「通院精神療法」というものです。医療行為については、厚生労働省が定める保険点数がそれぞれにつけられています。通院精神療法というものも、しっかりと定義と保険点数が定まっています。具体的な内容と金額はこちら医科点数表
 をご覧下さい。1点は10円に換算されるので、クリニックで再診患者に通院精神療法を提供した場合、360点=3600円の収入になります。

「精神療法」とあるので、何か特殊なカウンセリングを与え、それに対する報酬を得ているかのようなイメージがありますが、現実はそうではありません。

「こんにちは。調子はいかがですか?」「はい、いいですね。それではお薬は同じままでしばらく調子を見て行きましょうね。お薬2週間分出しておきますので、また2週間後にいらしてくださいね。さようなら。」(ここまで20秒)

こんなことでも通院精神療法として請求できてしまうのです。なぜならば、時間の長さや時間あたりの人数に明確な制限がなく、その質についても評価する手段がないからです。調子を聞いて薬を出すだけなら誰でもできそうですが、患者を秒察する精神科医は「素人にはわからない、専門的な技術があるのだ」と誤魔化すことでしょう。時間が長ければ長いほどよいという単純な問題ではありませんが、患者のために真剣に1時間以上時間をかける行為と、2,3秒で適当に終わらせる行為が同じように評価されてしまうのはおかしなことです。

この通院精神療法は、乱脈医療を行う精神科医にとって非常に悪用しやすいものでした。正確には医師法違反でかつ不正請求になりますが、無診察で投薬のみの患者に対して通院精神療法を加算するという手段は普通に聞く話でした。悪質なケースでは、薬を1度に大量に処方し、架空の診察日を設けて通院精神療法を算定するというのもありました。要するにやりたい放題でした。

しかし、今年4月の改定により、「診療に要した時間が5分を超えた場合に限り算定する」 という決まりが新たに導入されました。そして、時間の算定方法については「この場合において診療に要した時間とは、医師自らが患者に対して行う問診、身体診察(視診、聴診、打診及び触診)及び当該通院・在宅精神療法に要する時間をいい、これら以外の診療に要する時間は含まない。」と定められました。

また、「通院・在宅精神療法を算定するに当たっては、診療録に当該診療に要した時間を記載すること。」「当該患者の家族に対する通院・在宅精神療法は、家族関係が当該疾患の原因又は増悪の原因と推定される場合に限り算定する。ただし、患者の病状説明、服薬指導等一般的な療養指導である場合は、算定できない。」「通院・在宅精神療法を行った場合(家族に対して行った場合を含む。)は、その要点を診療録に記載する。」というルールが定められました。

ほとんどカルテに記載せずに薬の処方だけをして通院精神療法の診療報酬を掠め取ったり、家族と少し話しただけですぐに通院精神療法を算定したりしていた医療機関にとっては一大事です。彼らはどんな対策をしてくるのでしょうか?恐らく、以前は1日で100人以上の通院精神療法を請求していたクリニックは、不自然にならない最大限の数にまとめたり、つじつま合わせのカルテ記載をしたりすることで対応してくるでしょう。

それにしてもおかしな話です。精神科は、本来はどこの診療科よりも患者とコミュニケーションをとる必要のある科です。また、精神科で扱う向精神薬は、風邪薬や胃薬とは訳が違います。副作用が強く、自殺や突然死、依存を引き起こす危険性がある薬なので、服用している患者の状態を確認したりするのは当たり前の話であり、無診察投薬や秒察などはもっての他です。真面目に診療すれば、5分を超えるのが当たり前です。5分ルールが導入されるようになったのも、そのような当たり前の医療を提供できない精神科医があまりにも多く存在するからなのです。

ここで断言しておきます。詐欺や不正を行っている精神科医療機関は腐るほどあります。最近、色々な被害報告や内部告発を聞いていますが、不正の実態は目に余るものがあります。確かに、精神科は不正の温床となりやすい環境がそろっています。実際、1つの精神病院で10数億円の不正請求が発覚したケースもあります。もしも社会保険事務局が全ての精神科医療機関をしっかり調査すれば、何百、何千億円という金が返還されるでしょう。政府は高騰する医療費や社会保障費を何とかしたいと考えるなら、本気でこの不正の温床となる領域を徹底して調査すべきです。

患者側も不正にお金を取られないよう、しっかりと知識を持つ必要があります。患者の知らないところで、実際に行われていない検査や治療が行われていることになっていて、不正に請求されている可能性があります。しかし、それについても今年度からチェックしやすくなる仕組みになっています。
保険医療機関及び保険医療養担当規則(昭和三十二年厚生省令第十五号)
「医療費の内容の分かる領収証の交付について」の一部改正について

これらによると、患者は自分が支払う医療費について、どんな検査や治療が行われ、どんな保険点数が算定されたのかを知ることができます。詳細が記載された明細書を交付するように患者が求めた場合、医療機関はそれを交付しなければならなくなったのです。

患者や家族が医者の言いなりになる時代は終わりました。おかしなことがあれば、医師に尋ねたり、情報の開示を求めましょう。たとえば、明らかに5分未満で診察を終えているのに、今までと変わらない支払いを求められた場合、明細書の交付を要求しましょう。できないというなら、上記のリンク先の省令や通知をプリントアウトして見せましょう。そして、不正があれば社会保険事務局に通報しましょう。

これらの行為はクレイマーでも何でもありません。むしろ、精神医療を正常化するために必要な行動です。まともな医療を提供せず患者を害するようなずさんな医療機関が、これ以上貴重な保険や公費から不正にお金を騙し取るようなことを許してはなりません

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.