仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神科医に求められる態度・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神科医に求められる態度・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神科医に求められる態度・・・  2008年07月23日00:40
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

「特に」精神科医に要求される態度…


いかなる患者に対しても公正に接すること。
いかなる患者に対しても公平に接すること。
いかなる患者に対しても正直であること。
いかなる患者に対してもやさしく接すること。
いかなる患者の権利や気持ちも考慮すること。
いかなる患者に対しても思いやりを持ち続けること。
いかなる患者に対しても自制心を示すこと。
いかなる患者の欠点や短所に対しても寛容であること。
いかなる患者も処罰の対象としないこと。
いかなる患者に対しても好意を持って接すること。
いかなる患者の話しも信頼を持って聞くこと。
いかなる患者も侮辱しないこと。
いかなる患者に対しても礼儀正しく、また敬意を持って接すること。
いかなる患者に対しても感謝の気持ちを持つこと。
いかなる患者に対しても友好的であること。
いかなる患者に対しても誠実であること。
いかなる患者に対しても賞賛の気持ちとともにいること。
いかなる患者に対しても効果のある実践を行うこと。

もちろんこれらのことは、精神科医のみならず、私達自身にも必要な態度です。私達は常に上記のような行動をされたい!と心のどこかで思っているはずです。だったらそれを人にしてあげるに越したことはありません。

心を病んでいる人々に接する「精神科医」「心理カウンセラー」は特にプロとしてこれらの高いレベルでの実践が求められて当然です。プロならば…。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.