仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ薬が奪った親子関係

ホーム > 精神医療の問題点 > 薬が奪った親子関係

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

薬が奪った親子関係 2008年07月27日06:44
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

八王子殺傷 仲良し親子に何が

向精神薬がいかに社会に不安と争いをもたらしているか…。

精神障害の治療のため…という美言をかかげて、そのウラで多くの不幸をもたらしている向精神薬…。 数え切れないほどの不幸を演出しているのは「精神科医」「心療内科医」と言われているものですし、それをスポンサリングしているのは「製薬会社」です。

この事件の加害者も向精神薬を服用していた過去がありました。向精神薬の恐ろしいところは「フラッシュバック」なんです。LSD、覚せい剤などの“麻薬”に見られるあの「フラッシュバック」が、向精神薬においても起きるのです。

飲んでいるそのときも危険ですが、10年経ってもその影響が残ってしまうのです…。 これが本当に恐ろしいところであり、 社会に蔓延する「不可解な暴力事件」の真相であるともいえるでしょう。

親子関係がそう簡単に崩壊するなど考えられませんん。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.