仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ認知症、その診断基準・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 認知症、その診断基準・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

認知症、その診断基準・・・ 2008年08月24日22:03
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

認知症の妻殺害 68歳夫を逮捕 (毎日新聞 - 08月24日 19:11)

認知症…かなり気軽に使われている病名ですが、この「病名」がもたらしているのは、高齢者に対するクスリ漬け、電気ショック、社会からの隔離 … など、破壊的なものが相当見られます。

認知症が精神科や神経科の医師にとって、とてつもない収入源になっていることは以外と見過ごされているかもしれません。

そもそも「認知症」という病名自体、「作られた病名」であり、その診断に際しては、科学的な根拠に基づく診断基準も検査手法も存在せず、精神科医や神経科医の「主観的な一言」で決してしまします。

で、これらの薬が治癒をもたらすかと言えば、そういうことはなく、「認知症の進行の抑制」…と称して処方される薬の多くには、思考力の低下や幻覚、幻聴、妄想、激越、急激な体重の増減、心不全などをもたらす副作用が存在し、状況が更に悪化することさえ珍しくありません。

単に健康保険制度(老人医療制度)などの枠に入れることで、表向きの個人や家族の経済的負担の軽減には寄与している側面はあるものの、結局、「みなさんの負担」は増えており、そのお金の多くは「医師」や「製薬会社」の懐に入ってしまいます。

保険制度は皆で支えあって成り立っているもの…であれば、そのお金の使途の優先順位は「効果があるもの」であるべきです。

しかし、高齢者医療のうち、精神・神経科に属するものの効果のほど(治癒率)は惨憺たる状況です。

精神医療は困難な分野であり常に発展途上である…といいますが、1世紀以上もの時間をかけ、かつ何千兆円というお金が費やされながらも、この状況…。

根本的な理論に欠陥がある…と誰も認識しないことに不可解さを感じずにはいられません。

「医療」でない分野に、たくさん治癒実績を誇る人々がいるにもかかわらず、「医療従事者」はそのような理論を取り入れないばかりか、排除さえしようとします。

ここまでかたくなになる理由とは・・・お金、である。と思ってもおかしくはないと思います。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.