仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神安定剤は「麻薬」と同じ・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神安定剤は「麻薬」と同じ・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神安定剤は「麻薬」と同じ・・・ 2008年09月01日08:43
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

柳楽優弥が公式HPで自殺未遂を完全否定 (ORICON STYLE - 09月01日 07:31)

「麻薬及び向精神薬取締法」という法律があります。この法律に従えば、医師が処方する限りにおいては、向精神薬は麻薬と位置づけられませんが、向精神薬を一般人が売買すると犯罪となります。

第66条の4 
向精神薬を、みだりに、譲り渡し、又は譲り渡す目的で所持した者(第70条第17号又は第72条第6号に該当する者を除く。)は、3年以下の懲役に処する。
2項 営利の目的で前項の罪を犯した者は、5年以下の懲役に処し、又は情状により5年以下の懲役及び100万円以下の罰金に処する。
3項 前2項の未遂罪は、罰する。』

しかし、よく考えてみれば分かることですが、医師が処方しても一般人が売り渡しても、薬物の作用が変わるわけではありません。同じ麻薬なんです。

実際のところ、精神科医(心療内科医)なんかも、こういった薬を飲んだ結果がどのようになるか…など、推測さえ難しいといいますし、実際のところ多剤大量処方が横行している精神医療分野において、甚大な問題が発生しています。

今回の事件でも、衝動的に飲んだ… に至る背景に精神安定剤の副作用があることを疑わなくてはならないでしょう。
事実、精神安定剤が自殺衝動や暴力念慮に関与しているという事実はかなり揃ってきています。

実際のところ効果のほども推測の域を出ていない上に、多くの悲劇的な副作用をもたらす「向精神薬」という存在は、非常に危険であり、無用のものといわざるを得ません。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.