仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ製薬会社は・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 製薬会社は・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

製薬会社は・・・ 2008年09月05日23:57
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

今、注目のアンチエイジング療法「超高濃度ビタミンC点滴」って何? (日経トレンディネット - 09月05日 00:21)

この記事を見て、抗がん剤を作っている製薬会社はビクビクしているかもしれません。
こういう会社に投資している人は、さっさと投資を引き上げるにこしたことはないでしょう。

ビタミン … これほど必要性が叫ばれながら、一部の心無い医師や製薬会社によって事実を捻じ曲げられてきたものは他に例を見ないのではないでしょうか。

ビタミンが健康に不可欠であることは周知の事実であるにも関わらず、多くの医師はビタミンを研究の対象とさえしてきませんでした。

薬・薬・薬・薬・薬・・・・・ そして、この薬が多くの悲劇を生み出してきたという事実に顔を背けながら、いまだに薬・薬・薬・・・。

そりゃ、薬は儲かります。ビタミンと比べたら単価が違いますから・・・。

きっと、こういう事実を苦々しく思っている医師や製薬会社も多いことでしょう。いずれ、「反証論文」などがゴソっと出てくるんでしょうが、大事なことは人がその論文でで健康を失ってきたという事実から目を離さないことが大事です。

非医療、非薬剤・・・・・そろそろ、私達も本質に目を向けるときがやってきたのでしょう。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.