仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ奪われた知覚

ホーム > 精神医療の問題点 > 奪われた知覚

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

奪われた知覚 2008年09月17日15:26
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

なぜ、精神医学は研ぎ澄まされた知覚を奪うことをするでしょう。

薬、電気ショック、精神外科手術 ・・・ これらは、総じて人の知覚力を減じたり、奪っていきます。

精神医学によって奪われるものは知覚だけではなく、思考・意識・決断・記憶なども含まれます。

「忘れること」或いは「感じなくさせる」ことが精神障害の治療であるとでも言いたいのでしょう。しかし、これは完全に逆のことをやっています。

「物事と楽にそこにいられる」ようにしてあげることが治癒に結びつく手段であるにも関わらず、物事を感じなくさせられてしまっては、その物事に向き合うことさえできません。

また、嫌な記憶を消去する…といっても、嫌な記憶だけを消去する方法など存在しませんし、今後もこれは不可能でしょう。電気ショックなどは、その記憶を消去するばかりでなく、記憶の順序がバラバラになってしまったりもします。

記憶が信用できない…、人にこれほどの動揺と不安を与えるものがあるでしょうか?

自分の決断に依らず、他人の決断に自分を任せる人生にあって「自分」を持ち続けることができるでしょうか?

現実感の乏しい水っぽく見える光景が正常だというのでしょうか?

なぜ、こういう状況に人を追い込むのか? また、それが治療だ!と言うのか?

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.