仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ砂糖はキケン・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 砂糖はキケン・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

砂糖はキケン・・・ 2008年09月18日17:02
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

砂糖・・・この物質が精神障害の増加との関与が指摘されるようになったのは、結構最近のことです。

特に集中力の無い人を見ると、最近は「白砂糖の摂り過ぎ」を疑うことができます。

白砂糖 → (C6H12O5)2 という化学方程式で表わせる薬でもあります。

白砂糖は、「分蜜糖」で、原料の搾り汁から糖蜜を分離した物。

その過程とは・・・

① さとうきびなどを圧搾(強くおしつけてしぼること)し、糖蜜(砂糖を製造するときに、糖液を蒸発・濃縮させて結晶を分離した残りの液)をとる。

② 石炭・炭酸・亜硫酸・亜硫酸ガスを使って、煮詰めた糖蜜の中の不純物を取り除く。

③ ホウ酸鉛や塩素などで更に透明な液を作る。
 ※塩素・・・水によく溶け、空気より重い。酸化力が強く、反応性が高い。きわめて毒性が強く、空気中に微量存在しても人体に影響があり、高濃度では呼吸困難となる。

④ ミネラル・ビタミンなどの栄養素があるとベタつくのでこれらの栄養素を取り除く。

⑤ 塩酸・その他の無機酸で砂糖を真っ白に仕上げるために漂白する。

このように人工的につくられた白砂糖は、自然界には存在しない食品添加物、すなわち化学薬品です。白砂糖が身体に入るとカルシウムやビタミンB1を身体の中から奪います。

<カルシウム不足が原因の病気の症状>
 治らない虫歯、折れやすい骨、骨粗しょう症、高血圧、ストレスから来る精神異常、妊娠異常

<ビタミンB1不足が原因の病気の症状>
 だるい・疲れやすい、記憶が衰弱、反射神経の鈍化、頭痛、不眠、便秘、吐き気、肩こり

<白砂糖を大量に摂り過ぎたせいで起こる低血糖>
腸の働きが悪くなる。腸にガスが溜まりやすく、下痢・便秘になる。
脳は正常に判断できなくなり、イライラ・神経過敏・めまいが起こる。血糖値を上げようとして攻撃ホルモンが出て暴力をふるいたくなる。非社会的行動・校内暴力などが起こるのです。

<白砂糖の過食で起こるその他の病気>
血液が固まりにくい・貧血、痴呆(認知症)、免疫力の低下・化膿しやすい・傷が治りにくい、アレルギー症状

というわけで、ヤバいです。健康に、元気に生きたければ、家から白砂糖を追い出そう!三温糖は、白砂糖にカラメル色素をつけただけ。

同じ置くなら、きび糖、黒砂糖、てんさい糖、メイプルシュガーなどが良いですね。

というわけで、潜在性、増量性、習慣性のある白砂糖は、麻薬と呼べるかもしれません?

 ちなみに一日に食べても良い白砂糖の量は、
 大人 40~50g(角砂糖 約7個分)
 子ども 20g(角砂糖 約3個分)

 1.5ℓのスポーツドリンクには角砂糖が15個入っているし、あんぱん1個、チューインガム10枚、チョコレート1枚、それぞれ角砂糖約6個分を摂取することになります。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.