仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ目にしたこと・・・真実

ホーム > 精神医療の問題点 > 目にしたこと・・・真実

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

目にしたこと・・・真実  2008年09月24日 07:07
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

人が目にしたこと…これはその人にとっては真実です。
例えそれが幻覚によろうと、妄想によろうと…です。

幻覚に対して、怯えたり、怒ったり、無気力になっていたとしても、その人は「見た光景に対して正直に対応している」だけのことです。
もちろん、周囲の人にとっては「?」という風に感じるかもしれません。 それは「現実性」が余りにも違いすぎるというだけのことです。
周囲の人が目にする光景とは、何も存在しないものに怯えていたり、怒っていたり、無気力になっている人がいる… ということでしょう。

精神障害を患っている人が(程度の差こそあれ)、幻覚や妄想に駆られているというのは事実です。もちろん、精神障害者だけではありませんが…。

幻覚や妄想に駆られている人との間にコミュニケーションをもたらすにはどうすべきなのでしょうか。
答えは、「その人の現実性を受け取る」ということです。この「受け取る」という行為は決して「同意」ではありません。「同情」でもありません。また「受け取った」だけで済む話でもありません。「受け取りました」というサインは送り返す必要があります。

あなたが言ったこと、あなたがやったこと … これをきちんと目にしましたよ… ということを相手に返してあげることです。

実は、これは日常の生活でも訓練が必要なほど、欠けている要素です。

特に、立場が不利になったり、相手が強大であると感じたり、コントロールすることが難しいと思ったりすると、相手を圧倒しようとしたり、相手から逃げようとしたりするメカニズムが働き、このことが置き去りにされます。

目にしたこと(=真実)をしっかりと受け取り、受け取ったというサインを送り返してあげること・・・。
目にしたことに対して、いきなり評価や否定を与えても、なんの解決にもなりません。

心の専門家たちは、まさに「診断」ということで評価や否定をしているのです。
コミュニケーションの必要性を標榜しながら、その公式の第一歩さえ適用できない人々とも言えるでしょう。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.