仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ想像? 妄想?

ホーム > 精神医療の問題点 > 想像? 妄想?

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

想像? 妄想? 2008年10月03日09:06
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神科医の前で、想像したことを口にすると「妄想」と捉えられ、統合失調症などをはじめとする様々な病名がつけられるかもしれません。

様々な病名・・・というのは、その場その時その医者によってバラバラなのが常です。

精神科医にとって「病名」とは患者を治すために必要なものではなく、保険請求や薬を売るために必要なものです。

想像したことは想像したことであり事実とは異なるものである…という認識があればそれは想像です。妄想ではありません。
たとえ、患者さんがそのことを認識した上で想像したことを語ったとしても、精神科医がそれを「妄想だ」と思いそれを口にすれば、その人は「妄想癖」のある人となります。

想像することを抑制することは、非常に非常に人をダメにする行為です。自分の理想を語ることさえ抑制されるわけですから、とんでもない話しです。

精神科医が「それは妄想だ」と言ったとしたら、次の瞬間からその患者さんは「想像」を止めてしまいます。さて、どうなるでしょう。 余計に悪化していくのです。

つまり、治すべき精神科医が、更に人を悪化させているという事実がここにもあるのです。

麻薬同然の薬を与えたり、電気ショックを与えたり、縛ったりするだけではないのです。 精神障害をより作り出すために彼らが存在するといっても全く過言ではありません。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.