仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへカロリーより砂糖なのでは・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > カロリーより砂糖なのでは・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

カロリーより砂糖なのでは・・・ 2008年10月03日15:28
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

カロリーの摂り過ぎが脳を狂わせる可能性=研究 (ロイター - 10月03日 11:32)

カロリーの摂り過ぎ … “カロリー”が犯人にされているようですが、真犯人は“砂糖”なのではないでしょうか。

砂糖の摂り過ぎが精神症状を起こすことに関しては、最近では結構有名な話しとなっています。
岩手大の大沢先生などは、相当早い段階からこの危険性を指摘されていました。
大沢博 著「その食事では悪くなる―食事崩壊と脳への影響」

砂糖の摂取を減らしただけで、精神症状が緩和された…という例も少なくありません。

糖質が全般的に高カロリーであることは事実ですが、“砂糖”をターゲットにした研究をしっかり行っていただけると良いと思うのですが…。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.