仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへイメージとの差・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > イメージとの差・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

イメージとの差・・・ 
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)


本質に自信を持てない仕事をしている人ほど、イメージ作りに心血を注ぐようです。

製薬会社のHPを見てみると面白いです。。。
爽やかさの象徴「青空」… 幸せの象徴「笑顔」… 優しさの象徴「緑」…  これらの裏側でいかなる事実が起きているかなんて全く関係がないと言わんばかりの「イメージ戦略」です。あまりにも共通しているのには驚かされます…。

イーライリリー (ジプレキサ…統合失調症治療薬、ストラテラ…ADHD治療薬 ※日本未承認)

GlaxoSmithKline (パキシル…SSRI)
グラクソ・スミスクライン

ノバルティスファーマ (リタリン…中枢神経刺激薬)

ヤンセンファーマ (コンサータ…中枢神経刺激薬 リスパダール…統合失調症治療薬)
AD-HDナビ

アステラス製薬 (マイスリー…ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤)

ファイザー製薬 (ジェイゾロフト…SSRI)

大塚製薬 (エビリファイ…統合失調症治療薬)

塩野義製薬 (ベゲタミン…統合失調症、双極性障害治療薬)

まあ、これくらいにしておきます。
企業イメージというのは大事だと思いますが、自らが製造したものによって多くの人々が困難に陥れられているという事実をどのように考えているのでしょう…。

ちなみに、上記に記載されている薬を下記URLで検索してみると、企業イメージなど一瞬にして崩壊していくことでしょう。
【独立行政法人医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品の添付文書情報です  】

特に、「警告」や「副作用」欄に何が書いてあるか見てみると良いかと思います。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.