仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ人間屠殺・・・電気ショック療法

ホーム > 精神医療の問題点 > 人間屠殺・・・電気ショック療法

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

人間屠殺・・・電気ショック療法 2008年10月05日20:24
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

コメカミに電極を当てられた豚が、一撃のもとに倒され食肉へと処理される光景を見て、「これこそ精神病を治す最善の療法だ」と思う人がいたとしたら、どう思いますか? 狂気であると思うでしょう…。

これこそが電気ショック療法(ECT)の発祥なんです。

電気ショックは心を破壊し、人を殺すこともあります。
この電気ショック療法は精神科医によって「科学的」で「治療効果がある」と宣伝されているものですが、その有益さは、大きなハンマーで誰かの頭を殴るのと同じくらいのものです。それは180~460ボルトの電気で脳を焼き、深刻なひきつけや癲癇の発作と同様の状態を引き起こします。女性や高齢者は、とりわけ精神医学の主要な標的です。ECTによる高齢者の死亡率は約200人に一人です。

1993年にアメリカテキサス州政府の報告書によれば、この「治療」を受けて2週間以内に187人のうち一人が死亡していることを示しています。その他の調査では、ECTが回復不能な脳障害と記憶喪失、知的能力の低下を与えていることが立証でされています。

ECTは拷問やマインドコントロールのための道具として使用された卑しむべき歴史を持っています。

助けを求める弱い人々を扱うとき、ECTを使うことは裏切りだというだけでなく、犯罪的な暴力であります。

自らの金儲けのたえにそれを施行する精神科医は、その効果に関してウソをつき多額の報酬を得ています。
この額、アメリカだけで、1年に50億ドル=約5,500億円にもなります。

人を傷つけた報酬は、罰金・懲役であるべきでしょう。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.