仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへメンタルヘルスデーです

ホーム > 精神医療の問題点 > メンタルヘルスデーです

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

メンタルヘルスデーです 2008年10月10日16:32
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)


今日は世界メンタルヘルスデーです。

精神医学は、うつ病を基軸に様々な精神障害を作り出しています。
そもそも「うつ病」とは疾患なのでしょうか? 答えはNOです。

うつ病は疾患ではなくて症候群です。つまり、原因不明ではあるが、共通の症状を示す患者が多いために、そのような症状の集まりにとりあえず名をつけて扱いやすくしたものに過ぎません。セロトニンを使った説明も仮説に過ぎず、実証されていません。患者のセロトニンの状態を計測する検査方法さえありません。それにもかかわらず、その症状自体が疾病であるかのように宣伝され、独り歩きしてきたのです。

例えば、高熱とは、何らかの原因があって引き起こされた「症状」「状態」です。ここで、熱が高い状態に対して「高熱病」と名前を付け、そういう疾患が存在するとされたらどうなるでしょうか。いい加減な医者であれば、全て「高熱病」で終わらせ、それ以上高熱の原因を見つけることをしなくなります。熱が高い人とそうでない人を分類し、熱が高い群には単に解熱剤を投与するという機械的作業をすることになります。
精神科医たちは、日々これをやっているだけのことです。

メンタルヘルスデーとはだれのためのものなのでしょう?

「患者」と診断された人々の健康を取り戻すための、キャンペーンとは大きくかけ離れています。そうすると、誰がそれで利益を得ているのか? ということを考えれば、その答えはおのずと出てくることです。

精神科医が精神科医の「金儲け」のために制定した日…それが世界メンタルヘルスデーです。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.