仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ魔法の薬の正体・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 魔法の薬の正体・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

魔法の薬の正体・・・ 2008年10月29日14:19
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

その薬には劇的な治癒効果がありしかも副作用がない… このようにして売り出された「抗うつ剤・SSRI」。

発売後10年を経てその宣伝がいかに「嘘」であったのか…ということがあらためてわかります。

もう、昨年の記事になりますが、抗うつ薬(特にSSRI)について、大手の新聞で特集されていました。。

*****************************************************************
抗うつ薬と自殺願望
副作用に留意 少量から服用
 うつ病に使う抗うつ薬を服用すると、10、20歳代の若者を中心に、自殺したいという衝動を引き起こすことがある、と指摘されている。薬との因果関係ははっきりしていないものの、専門家は「副作用に留意は必要だが、うつ病を治療しないことは危険。適切に服用することが大切」と話している。(利根川昌紀)
 うつ病は、気分が落ち込む抑うつなどの症状が表れる病気で、「死にたい」という考えが浮かぶこともある。こうした症状を改善するのが抗うつ薬だが、その薬でかえって自殺願望が起きるとは、どういうことなのか。
 問題になったのは、1988年に米国で「SSRI」(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という抗うつ薬が登場したのがきっかけだった。
 SSRIは、従来の抗うつ薬に比べ、のどの渇きなどの副作用が少なく、急速に普及した。だが、米国で90年、「SSRIを服用中に強い自殺願望が起きた例があった」との報告があり、「SSRIの服用により自殺した」などとする訴訟も相次いだ。
 英政府は2004年、「臨床試験データでは、SSRIの服用で自殺願望などを起こす危険が少し高まることは否定できない」との見解を示した。米食品医薬品局(FDA)も今年5月、「65歳以上では、抗うつ薬で自殺願望などを起こす危険が低下するが、18~24歳ではこうした危険が高まる」と警告した。
 国内でも昨年、厚生労働省が抗うつ薬メーカーに「18歳未満では、自殺願望を引き起こすことがある」との注意を薬の説明文書に明記するよう求めた。
 うつ病は、脳内の神経細胞の間で信号をやりとりし、感情や思考をつかさどる神経伝達物質のバランスが崩れることが原因と考えられている。抗うつ薬は、神経伝達物質のやりとりをスムーズにし、活力を高める作用がある。だが、自殺願望がある場合、薬で気力が高まるなどすると、実際に行為に及ぶ危険もある。
 杏林大保健学部教授(精神保健学)の田島治さんは「SSRIを服用して衝動的な行動を起こすことは、まれにある。特に若者は脳が発達途上で、衝動を抑える働きが弱いのではないか」と指摘する。
 こうした恐れがあるため、適切な服薬が大切だ。田島さんは、〈1〉服用は少量から始める〈2〉ゆっくり増量し、不安感や焦燥感が増した場合、できるなら前の量に戻して医師に連絡する〈3〉効果が十分な量になったら、それを維持する――の3点を挙げる。
 服用中に注意すべき症状をイラストにまとめた。最初の数日間は、特に注意が必要だが、1か月を過ぎると副作用の頻度は減る。服用して、イライラしたり落ち着かなくなったりしても、薬が効かないと思って増量しない。症状が良くなり、薬を減量する時も、数か月かけてゆっくり行う。
 SSRIは、国内で使用される抗うつ薬の4割程度を占めるとされている。患者によっては治療に欠かせず、うつ状態や不安感などの症状が改善される場合は多い。
 抗うつ薬を服用した患者の誰もが自殺衝動を起こすわけではなく、自己判断による服薬中止は、症状を悪化させることにもつながる。田島さんは「SSRIなどの抗うつ薬は、人によって効果や副作用の出方が異なる。医師と相談し、慎重に服用することが大切だ」と話している。

抗うつ薬の情報
 独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」は、薬の種類ごとに、服用の仕方などの情報をホームページに載せている。アドレスは、患者向医薬品ガイド一覧
(2007年9月7日 読売新聞)
*****************************************************************

本当に、ここまで来るのに5年以上かかりました。抗うつ薬の危険な側面も報道するようにマスコミに何度も何度も働きかけてきましたが、メッセージはいつも「SSRIは副作用が少ない」「早期に精神科を受診し、薬を飲めば大丈夫」といったものばかりでした。残念なことに、医療現場で精神科の医師が、抗うつ薬の危険な側面についてしっかりと患者や家族に伝えていないので、彼らはそのような情報を得る機会がほとんどありませんでした。その結果、薬の服用後に現れた耐え難い副作用や湧き上がる衝動について戸惑い、対処する術がありませんでした。主治医に伝えても、それを副作用と評価できないような精神科医もいました(ある精神科医は「自分の出す薬に副作用はない」と患者を叱りつけていました)。

SSRIが日本で認可されて約10年。「魔法の薬」「副作用がほとんどない(ある精神科医は副作用がないとテレビで発言していました)」と鳴り物入りでデビューしたこの「魔法の薬の正体」がようやく国民に知らされつつあります。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.