仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ読売新聞記事より

ホーム > 精神医療の問題点 > 読売新聞記事より

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

読売新聞記事より 2008年11月27日11:58
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神医療の姿が暴かれつつあります!!!


子供でも、統合失調症と誤診される場合がある。

 神奈川県の中学生A君(14)は、中学1年だった一昨年秋、急に不登校になった。母親(44)がしかって学校に行かせようとしたが、声を荒らげて拒んだ。

 深夜、「沖縄に行きたい。なぜ連れて行ってくれないんだ」と騒ぐ。「オレなんか生きる価値がない」と、自宅マンションのベランダから飛び降りようとすることもあった。両親は会社を休み、付きっきりで見守った。

 それまで、優しくて責任感が強く、親の言うことをよく聞く子だった。小学校では野球チームの主将を務め、中学では硬式野球のクラブチームに入った。

 中学1年の夏休みは、野球や勉強で、全く休日がなかった。このころから「疲れた」「旅行に行きたい」などと漏らすようになったが、母親は「踏ん張り所」と考え、励ました。

 夏休みが明けると、不登校になり、その年10月、大学病院を受診した。担当した女性医師は、母親から30分ほど経緯を聞いた後、本人に質問した。

 「暗闇を怖いと思うことはある?」

 「うん」

 「何か不思議なものが見えることがある?」

 「番組が終わった後のテレビみたいな、ざらざらしたものが見える」

 本人の診察は5分弱。診断は「統合失調症の前駆段階」だった。

 抗精神病薬などを飲み始めた。すると、1日の大半を眠って過ごし、目覚めると、以前にも増して感情を高ぶらせた。「なぜ沖縄に連れて行ってくれないんだ。いつもうそばかりだ」などと叫んだ。

 母親からA君の様子を聞いた医師は、さらに薬を増やした。みるみる生気がなくなり、よだれを垂らし、失禁した。

 実は、この中学校では、生徒による暴行や、恐喝まがいのトラブルが繰り返されていた。

 A君が「なぜ注意しないのか」と訴えても、教師は動こうとしない。A君自身も、問題の生徒たちから金を要求されたり、顔に絵の具を塗られたりと、いじめの対象になった。

 母親は、A君の日記などから、そうした事情を知り、担当医師に「本当に統合失調症でしょうか」と疑問をぶつけた。

 返ってきた言葉は「息子さんの病気を認めたくない気持ちは分かりますが、もう発症しています。いま治療をやめると、さらに悪くなります」だった。

(2008年10月31日 読売新聞)

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.