仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ双極性障害

ホーム > 精神医療の問題点 > 双極性障害

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

双極性障害 2008年12月07日10:19
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

双極性障害・・・かつての躁うつ病

いま、コレが精神医学界では注目のまとです。

2001年頃から始まった、うつ病キャンペーン・・・。彼らの思惑どおりに患者数は6年で3倍になりました。

もちろん、向精神薬(SSRI)の売上も順調に伸びて、パキシルだけでも年商600億円のスーパーヒット商品に成長しました。

ところが、「効果がない」「副作用がひどい」「却って悪化した」の声が日増しに高まってきていて、彼らも無視できない状況となりました。

そこで、亜種・派生・異型(難治性、境界型、反復性、単一性、双極性などという冠がつく)のうつ病が存在していたことが最近の研究で分かってきたので、今までの抗うつ剤が効かなかった・・・と弁明し始めました。双極性障害はその象徴です。

実はこれらのことは、精神医学の歴史の中で常に行われてきたことです。こうやって「病名」を次々と編み出していきます。そしてその病名に対する「薬」を開発し世に出す。そして、またこれらの薬には効果がなく、また別の病名を考え出すのです。そして更なる薬の開発…。こんなことを1世紀に渡ってやってきました。

今や病名の数は374にも上ります。
当然、今のままですとやがて500を越える病名のカタログ(DSM)が発売されることでしょう。

要は、精神医学は精神障害を治す能力がないのです。
製薬会社はデータの改ざんをしてでも、売りたいのです。

一度患者になったら、一日でも長く患者にさせておくことが彼らのビジネスの基本です。 生かさず殺さず…。

双極性障害・・・誰がこの病気を完全に説明できるというのでしょう?
そんな精神科医はいません。編み出された病名だから当然です。

今、イーライリリー社では統合失調症治療薬「ジプレキサ」を双極性障害に適用させようと、治験を開始しています。この治験自体が危険であることは言うまでもありません。が、もし適用承認…ということにでもなれば、何万人という人々がこの薬の餌食となっていきます。


ジプレキサ
↑   ↑   ↑
副作用発現率、副作用の内容 ともに薬として相応しいとはいえないですね。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.