仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ間違っても精神科医なんかに頼らないこと

ホーム > 精神医療の問題点 > 間違っても精神科医なんかに頼らないこと

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

間違っても精神科医なんかに頼らないこと 2008年12月12日21:22
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

ニート自立支援で大綱見直し

こういう問題が生じると必ずと言っていいほど、「心の専門家氏」(精神科医や心理学者)が登場します。

ところがこの「心の専門家氏」が言っていること、あるいは彼らが学んだ知識の体系自体に、なんら根拠がない・・・と言ったら、びっくりするかもしれません。
でも、これは事実です。

心理学も精神医学も、基本的には「推測」「憶測」「想像」によって成り立っています。

同じ人を複数の「心の専門家氏」が診た場合、それぞれの専門家氏が下す結論はバラバラになることは全く珍しいことではありません。

その典型的な例が「精神鑑定」にあるでしょう。
精神鑑定の信憑性はいまや裁判所から「何を言っているのかよく分からず、判断の材料にすること自体が相応しくない」と断ぜられることがあるほどです。
横綱・朝青龍の診断なんかもいい例でしょう。人格障害・解離性障害・うつ病・うつ病の一歩手前etc... なんなんでしょう。わずか一週間やそこらで、こんなに病名がコロコロとかわることなんてあり得ません。

「心の専門家氏」がテレビで語っているのも、よ~く観察してみれば、ぜんぜん辻褄の合わないことや、普段見ている光景と全く違うことを言っていたりするのを目にすることでしょう。

そもそものデータに致命的な欠陥があるのです。
そんなデータを1世紀以上も使用して失敗し続けてきた・・・。これが心理学であり精神医学です。

これらのデータに正当性があるとするなら、社会からもっと狂気や犯罪がなくなっているはずなのに・・・・・・・。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.