仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ真実を葬り去る・・・精神医療の罪

ホーム > 精神医療の問題点 > 真実を葬り去る・・・精神医療の罪

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

真実を葬り去る・・・精神医療の罪 2008年12月14日21:55
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神科病院内では身体拘束や暴力が恒常的に行われている事実が、また一つ露見しました。

この事件は当初、睡眠導入剤の注射によって・・・ということで報道されていましたが、司法解剖の結果死因は「胸部圧迫」ということとなった。

病院側はこの知らせを受け、睡眠導入剤を注射後に保護室の壁に体当たりして胸や頭を打った・・・と証言しているらしい。

保護室の壁はどうなっているだろう?自傷行為に及んでも危険がないように緩衝材が張り巡らされている部屋が多いのではないでしょうか?

患者はすでに死亡・・・まさに死人に口なしです。
こうして真実は葬り去られてきたのです。


北海道滝川市の滝川市立病院で13日、芦別市の無職男性(18)が死亡し、司法解剖の結果、死因は胸部圧迫による窒息と分かった。睡眠導入剤を注射するため、道警滝川署員と看護師が暴れる男性を押さえ付けた際、無理な力が掛かった可能性もあり、同署が関係者から事情を聴いている。

 同署によると、男性は12日、自宅で暴れ入院。病棟でも暴れたため、同日深夜、計5人で体や腕を押さえ、手に睡眠導入剤を注射した。

 その後、容体が急変し、13日未明

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.