仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ製薬会社から・・・たんまり

ホーム > 精神医療の問題点 > 製薬会社から・・・たんまり

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

製薬会社から・・・たんまり 2008年12月26日08:28
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

医学部 利益相反の指針は3割 (毎日新聞 - 12月26日 02:42)

医学部には製薬会社からたんまりお金が出ていますね。

学会の広告費、薬の治験の費用、研究会への参加謝礼、個人的な接待、教授就退任パーティ、製薬会社が作った論文への名義使用料 etc・・・

「是非、わが社の薬を使ってください、危険な薬ですが、先生も私たちもお互いに儲かるんです」

ここで、置き去りにされるのが患者でしょう。

でなければ、副作用発現率が60%にもなる薬が年間600億円も売れるわけがありませんから・・・。 ちなみに、これは抗うつ剤・パキシル。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.