仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ仕事を失っただけではなかろう・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 仕事を失っただけではなかろう・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

仕事を失っただけではなかろう・・・  2008年12月31日10:04
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

■「派遣契約切られた」六本木ヒルズで男が刃物振り回す
(読売新聞 - 12月31日 01:18)

私のマイミクさんなら、この事件を知った瞬間「あ、またか!!!」と思うことでしょう。

恐らくこの犯人が事件に及んだのは、仕事を失っただけではないと思います(思います・・・は必要のない言葉かもしれません)。

そうです「向精神薬の服用」です。


ここのところの経済不況で、生活に不安を感じる人が少なからずいることでしょう。こうした人々が「精神科医」に助けを求めて流れ込んでいるようです。しかし、こうした人々が「精神科医」の本当の姿、「精神科医」の仕事による結果を知っている人は殆どいないでしょう。知っていたら「精神科医」のもとに行くはずなどないですから・・・。

精神医療に関するデータをご紹介しておきましょう
(mixi 内の私(サイクバスターさん)のプローフィールからの抜粋です)

■◇■◇■精神病院大国・多剤大量処方■◇■◇■

精神科医師数:12,151(心療内科医も含む)
全医師数における精神科医数の割合: 4.7%
*日本人(1億2700万人)の内、わずか0.009%の精神科医に
最低約1.5兆円の資金が医療費として回されている。

日本の精神病院数:1,662
日本の精神病床数:354,313 (2006年 352,674)
*世界最大数の入院患者と病床数を誇る日本の精神医療
全病院における精神病院数の割合:  約19%
全病床数における精神病床数の割合: 約22%

精神科で治療を受けている患者数:3,028,000  (2006年…257万)
*人口のわずか0.009%を占める精神科医の手によって、すでに
 人口の2.3%の日本人が病気とされ、治療を受けさせられている。

精神病床の入院患者数:324,335 (2006年…323,309)
一日に隔離室の隔離患者数:7,741
一日に身体的拘束を行っている患者数:5,109
終日閉鎖されている病棟にいる患者数:140,075 
10年以上入院している入院患者数:91,345
20年以上入院している入院患者数:47,923
*17秒に一人が縛り付けられている。
 11秒に一人が鍵付きの部屋に閉じ込められている。
 43%の人が閉鎖されている病棟に閉じ込められている。
 3人に一人が精神病院に10年以上閉じ込められている。
 15%の人が精神病院に20年以上閉じ込められている。

精神病院の死亡退院患者数(1ヶ月):1,242
(精神科で治療を受けて、重体に陥り、他の場所で死亡した、又は自殺した人の数は含まれていません)

精神病院の治癒退院患者数:約200 
(1ヶ月、治療したと言われる人)
*一ヶ月に病気が治って退院したとされる精神病患者の割合は、
 わずか0.06%。小数点を切り捨てると、「0」になる。
*治って退院した患者の6倍以上が、死亡して退院している。
 そして、1ヶ月に最低一人は全精神病院での治療によって殺されている。

日本の精神科医が抗不安薬を処方している件数:1億2000万件
*日本より精神科医数の多い米国、フランス、ドイツの6倍以上の
 抗不安薬を処方している。

日本では、睡眠・鎮静剤が18億錠消費され、世界一位である。
睡眠・鎮静剤(主にベンゾジアゼピン)の消費量
日本    18億錠(世界1位)
イタリア  7億2千万錠
フランス  2億8800万錠
ハンガリー 1億4700万錠
オランダ  1億3300万錠

向精神薬の売上 年間3,660億円 (10年前の2倍)
抗うつ剤の売上 年間1,000億円 (10年前の7倍)

***************************************************************

こんな結果を出していながら、彼らは自らを「心の専門家」として、多くの人々を金づるにしています。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.