仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ2008年の副作用情報

ホーム > 精神医療の問題点 > 2008年の副作用情報

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

2008年の副作用情報  2009年01月09日16:39
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

2008年に「医師からの報告」があった分のみですが、2008年の関する副作用事例が発表されています。

副作用が疑われる症例報告に関する情報
ココにアクセスして「検索したい医薬品の一般名・販売名」にご希望の薬品名を入力し「件数」のところをクリックしてみてください。

パキシルを例に見てみますと…

徐脈 1
心不全 1
内分泌障害 抗利尿ホルモン不適合分泌 8
眼障害 緑内障 1
胃腸障害 悪心 1
全身障害および投与局所様態 無力症 1
易刺激性 2
発熱 1
口渇 1
肝胆道系障害 肝機能異常 2
劇症肝炎 1
肝障害 2
傷害、中毒および処置合併症 転倒・転落 1
過量投与 1
臨床検査 血中クレアチンホスホキナーゼ増加 1
凝固時間延長 1
血小板数減少 2
体重増加 1
白血球数減少 1
筋骨格系および結合組織障害 筋固縮 1
筋痙縮 1
横紋筋融解 1
神経系障害 痙攣 1
構語障害 1
頭部不快感 1
頭痛 1
感覚鈍麻 1
悪性症候群 1
パーキンソニズム 1
セロトニン症候群 8
振戦 2
妊娠、産褥および周産期の状態 流産 3
稽留流産 1
子宮内胎児死亡 3
精神障害 怒り 1
不安 1
無感情 1
自殺既遂 1
幻覚 2
躁病 2
社会逃避行動 1
凝視 1
自殺念慮 2
自殺企図 1
感情的苦悩 1
腎および尿路障害 着色尿 1
尿閉 1
生殖系および乳房障害 乳房硬結 1
乳房痛 1
射精障害 1
皮膚および皮下組織障害 多汗症 1
血管障害 ショック 1

こんなことが起きるのを医師は説明もなく処方しているのです。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.