仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ縛られる患者・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 縛られる患者・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

縛られる患者・・・  2009年01月14日23:30
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

向精神薬の投与に関する問題は再三日記の中で申し上げてきましたが、今精神科病院での行動制限が急増しているという事実を見過ごすわけには行きません。。

日本は、精神科病床数も人口あたりの精神科病床数も世界で最も多い「精神病院大国」として知られています。欧米諸国の政策と逆行するように、精神科病院を増やし、精神障害者を隔離・収容してきた結果、精神障害者は不必要に長期に入院させられ、精神科病院内では違法な隔離や拘束、殺人、暴力、レイプなど、犯罪や虐待、人権侵害が野放しにされてきました。ところが、人権侵害につながりやすい行動制限について、政府は長年実態を把握すらして来ませんでした。

ようやく国は平成15年の精神保健福祉資料調査から、隔離患者と身体拘束を受けている患者の実数を調べるようになりました。つまり、今回公表された調査(平成18年)で、合計4回、4年分の調査結果が集まったことになります。その結果を分析すると、行動制限を受けている患者数が急増していることが判明したのです。

結果から言ってしまうと、平成15年には、「隔離室の隔離患者数」は7741人 「身体的拘束を受けている患者数」は5109人でしたが、平成18年では、それぞれ8567人(826人の増加)、6008人(899人の増加)となっています。また、その数が年々増加していることが判明しました。
※参照
精神保健福祉資料

一時期、国立の精神科病院内で拘束された患者が死亡するという事件をきっかけに、行動制限の問題について関心が高まっていたことがありましたが、すっかりほとぼりが冷めてしまいました。行政からは、行動制限最小化に向けた積極的な指導や熱意が伺えません。それに伴い、現場では安易な行動制限が増えたのでしょうか。

実は、新型抗うつ剤(SSRI)が市場に出回ったのは1999年からですが、それ以降どんどん医療現場で使われるようになってきました。この種の薬剤は衝動性亢進を引き起こす危険性が指摘されています。突然暴れ出したり自殺を図ったりすることがありますが、そういう患者は行動制限で対応されることになるでしょう。これが行動制限を増やす元凶となっていると言えます。自ら原因を作り自ら行動制限をさせる・・・。放火魔が自ら火を消しているようなものです。

特に昨今精神科/心療内科クリニックが急増し、尋常でない多剤大量処方をする質の低い医療機関も珍しくありません。無責任に危険な投薬を繰り返す精神科医に壊された患者が入院するようになり、行動制限を受けているのかもしれません。

安易な行動制限は死に直結します。大阪の精神科病院では、患者が違法に拘束された後死亡するという事件が発覚しました。東京と千葉では、病院内で火災が起きた際、職員が隔離室の鍵を開けずに避難したことから入院患者が死亡するという事件が起きています。監察医は、身体拘束を受けていた患者が、肺塞栓症を起こして突然死している実態を報告しています。

問題は物理的な拘束だけではありません。介護保険施設や各種障害者施設で原則禁止とされている身体拘束には「行動を落ち着かせるために、向精神薬を過剰に服用させる」という、いわゆる化学的拘束も定義として含まれています。これは、精神科病院でしばしば行われていることであり、特に多剤大量処方で患者を過鎮静している日本の精神医療現場には国内外から批判が集まっています。にもかかわらず、このような化学的拘束は、禁止されるどころか十分な実態調査すらされていません。

しばしば化学的拘束に使用される抗精神病薬に関しては、危険な副作用が判明しています。厚生労働省は1月9日、全ての抗精神病薬に対して、高齢患者の死亡率を高めることについて警告を発したばかりです。
【医薬品名】

「外国で実施された認知症に関連した精神病症状(承認外効能・効果)を有する高齢患者を対象とした17の臨床試験において、非定型抗精神病薬投与群はプラセボ投与群と比較して死亡率が1.6~1.7倍高かったとの報告がある。また、外国での疫学調査において、定型抗精神病薬も非定型抗精神病薬と同様に死亡率の上昇に関与するとの報告がある。」という注意が医薬品添付文書に含まれるようになりました。

上記精神保健福祉資料調査には、退院患者に関する統計も含まれており、精神科病院では、1ヶ月間で1500人(1年で約18000人)の患者が死亡退院していることが判明しています。また、1ヶ月間の調査期間で退院できた患者のうち、1年以上入院していた患者は4158人ですが、そのうち死亡退院は902人(約17%)です。つまり、1年以上入院すると、6人に1人は死亡して退院するという計算になります。

なぜ時代に逆行して、精神科病院での行動制限が急増しているのでしょうか。なぜ精神科病院で患者が死亡するのでしょうか。どれだけの患者が化学的拘束されているのでしょうか。なぜ患者に対する暴力、虐待、違法拘束、人権侵害がなくならないのでしょうか。これらを早急に調べ、患者の命と尊厳を守る必要があります。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.