仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ和解金1300億円! イーライリリー

ホーム > 精神医療の問題点 > 和解金1300億円! イーライリリー

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

和解金1300億円! イーライリリー  2009年01月22日00:18
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

アメリカでは、製薬会社が向精神薬の不正使用や不適格使用(未承認使用)、また副作用情報の隠蔽などにより、大量の訴訟にあえいでいます。

本来処方権は医師にあるので、処方した医師にも当然のことながら責任が及ぶべきですが、アメリカでは精神科医は一介の薬物営業マンというところなのでしょうか・・・。 本丸に直接的な打撃を与えています。


◇Eli Lilly社がジプレキサ捜査の和解費用としておよそ14億ドルを支払う

FDA非承認適応への非定型抗精神病薬・Zyprexaの使用を販促したという罪を認め、刑事・民事捜査の和解費用として総額14億1500万ドルを支払うとEli Lilly社が発表しました。

>  Zyprexa捜査の和解費用としてEli Lilly社が14億ドル以上を支払う

アルツハイマー病認知症を含む認知症の治療として高齢者にZyprexaを販促したという罪状をEli Lilly社は認めました。そのようなZyprexaの使用はFDAに承認されていません。

認知症患者への抗精神病薬使用は死亡リスク上昇やその他のリスクと関連することが報告されており、未承認用法の販促という表面的な罪以上に根深い罪をEli Lilly社は負っているように思います。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.